FC2ブログ
 
■プロフィール

汐澪

Author:汐澪
鉄道写真サイト「あきた北部鉄道」の主宰、せきれい(汐澪)です。
主に秋田内陸線や三陸鉄道の三セク鉄道を初め地元JR線の奥羽本線や花輪線の撮影をしています。たまに遠出した写真とかも・・・。
「地域の元気は鉄道から」少しでも写真でお役に立てればと思っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ANR-CRT

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ちょい昔の花輪線写真に思うこと・・・
ougita0101

この撮影してから10年以上経つだろう。
鉄道運行に欠かせなかった通行手形「タブレット」の受渡しシーンである。
当時の東北地方にあるJR線では、花輪線と八戸線が腕木式信号機と共にタブレット授受のシーンが日常にあった。
小さな駅でも、人と人が列車と駅を繋ぎ安全な運行を行ってきた。
そのシーンが自分で気に入ってしまったのか、2路線にはよく通っていた。
花輪線は地元で通い易かったが、八戸線は遠く太平洋沿岸部まで行った。

しかし、自動閉塞システムの導入により、腕木式信号機は色灯式信号に変わる。
田舎の小さな駅舎に駅員がいなくなり、ホームも1面しか使用されなくなった。
そのため、町ひとつの駅は一気に寂れてしまった。
電子機器で制御できる時代で作業に「手間」が掛からなくなった反面、温もりや賑わいが失われ冷たく感じる。
駅舎も小型化され、鉄道と人に「間」が広がっているように感じる。

かつてポジフィルムで撮影した写真を振り返り思うこと・・・

何気ない駅員のシーンであるが、温かさと懐かしさが伝わる気がする。

その気持ちを引き摺っているのか、花輪線の撮影する機会は過去に比べて格段に減ってしまった。
もしかしたら自分も「間」の距離感がそうさせているのではと思う時がある。

そして・・・鹿角花輪駅が改築する計画が地元紙で発表された。

時代は巡り行くもの。
解っていても、心のどこかで一歩引いている気がする。

いつしか「間」が解消される時が訪れるかもしれない。

過去と同じ様な写真は出来ずとも、出来る限り花輪線を見守りながら撮影したいと・・・。



長文失礼しました(^^);


撮影場所:JR花輪線 扇田駅
スポンサーサイト





花輪線 | 23:37:16 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
時代の流れ?
せきれいさん、こんばんは!
毎度ながらせきれいさんの1枚には心がほっこりします!
そうですね!
自分が学生の時は地元の駅も売店があり立ち食い蕎麦屋もあfり活気がありましたが今は自動販売機だけ・・・
これも時代の流れなんですかね・・・(;´Д`)
2012-07-16 月 23:46:06 | URL | nasa [編集]
Re: 時代の流れ?
nasaさん。こんばんは。

駅員が有る無しで乗降客の印象は結構違います。
そのことを大きく感じたのは内陸線の比立内駅でした。
無人で暗く冷たい駅舎だったド田舎の駅が、ここまで温かい駅に蘇れるんだと。

時代の流れ(合理化)にしても、人との繋がりがあってこその鉄道ですからね。
お年寄りが多いから、良き話し相手がほしいし、列車に乗ろうとみんなが集まる場所だし。
比立内駅の成果は、駅から鉄道に人を呼び寄せた一例だと思います。
2012-07-17 火 22:25:04 | URL | 汐澪 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する