■プロフィール

汐澪

Author:汐澪
鉄道写真サイト「あきた北部鉄道」の主宰、せきれい(汐澪)です。
主に秋田内陸線や三陸鉄道の三セク鉄道を初め地元JR線の奥羽本線や花輪線の撮影をしています。たまに遠出した写真とかも・・・。
「地域の元気は鉄道から」少しでも写真でお役に立てればと思っています。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ANR-CRT

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2013年旅・・・西へ(1)
1日目~2日目 大館-高崎

今月半ば・・・4月18日~23日の5泊6日(うち車中泊1回)の大型旅行に出掛けてきました。
この時期を選んだのは、長野県にある高遠のさくらを観たい、そして気候的に大荒れが無いため。
そう思って出発の晩を迎えたが、夜天から舞い降りたのは「雪」
春なのに未だ雪降りますか?
そのため、冬用のやや薄き生地のアウターを覆い、寝台特急あけぼのに乗車。
ここから、長い旅の始まりです。
2013trip-001
次の乗換え駅は、翌朝5時12分着の高崎。
しっかりと睡眠を取りたいと思い、秋田を出発してゴロンとシートの下段に篭る。
2013trip-002
「ゴロンとシート」
寝台特急あけぼののみ連結されている開放式B寝台を使った車両。
寝台料金が無い分、布団や枕、スリッパなどのアイテムは一切なく、ただ座席に寝転がるだけの車両。
それでも、体を伸ばして寝るにはB寝台と変わりないため、利用価値がある。

日本海側を南下するあけぼの。
単線と複線が交互し、急カーブも多い羽越本線。
列車の揺れは相変わらず、虚ろに聞こえる独特な金属音が深い眠りから引き上げられる。
それでも、一度新津付近で起きた以外は程々に眠れた。

再び虚ろながら列車の揺れと停車する音が、乗り慣れた記憶で場所を察知。
水上だろうか・・・
時刻は午前4時を回っていた。
そうだろう・・・では、もう少し眠るか・・・
やがて、目覚めた時は渋川を通過していた。
下車する準備を整え、新前橋を差し掛かったときには準備万端。
2013trip-003
廊下に備え付けてある補助椅子に座り、高崎の到着を待つ。
車窓から見えるホームには、上野方面の電車が出発準備の最中。
朝早くから首都圏の電車は動き出していた。
2駅を過ぎて、上越新幹線の高架が見えた来たら、高崎はすぐ。
速度を落とし、ゆっくりと幾つものポイントを通り、定刻どおり高崎に到着。
2013trip-004
2013trip-005
平日の早朝であるが、まだ通勤通学の人々は疎ら。
赤城颪(あかぎおろし)が吹く群馬、北から吹く冷たい風が頬を撫でる。
出発と同じアウターを着ても若干寒い感じ。
しかし、これから向かう長野の気温が9℃の予想・・・
今日一日、アウターが必要になりそうだ。

体を丸くしながら駅構内の跨線橋を渡り、八高線の専用ホーム3番線へ向かう。



つづく

スポンサーサイト
旅行 | 20:15:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
この場所で・・・やっと
hanawa130330-003

龍ヶ森トンネル

花輪線で一番高い場所にあるトンネル

その出口から入ってくる列車を撮影

この時期は雪が硬いので容易に撮影できる

とはいうものの実際この場所では初めての撮影

反対側の駅ホームからトンネルの出口を撮影することが多かった

振り返れば、キハ58の時代にも行こうかと思って踏み込めず終わった場所

キハ110系に入れ替わってから6年・・・

遅すぎた撮影だった・・・という思いと

別アングルで撮りたい・・・という思いが交錯

また、行ける時に行こうかな



花輪線 安比高原~赤坂田 (2013.3/30撮影)


花輪線 | 21:51:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
龍ヶ森の坂道
hanawa130330-002

今日から新年度ですね。
特に大きな変化はありませんが、物事が順調にいけるようにしたいものです。

さて、写真は3月30日。
しばらくぶりに龍ヶ森へ。
トンネル付近のS字カーブにて雪解け進む森をバックに撮影。
33.3‰の勾配を軽快に駆け上がります。

花輪線 安比高原~赤坂田 2013.3/30撮影



花輪線 | 21:37:07 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。